人生の休日考案社

とりあえずやりたいことをやっているだけのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

グラボをオーバークロックしてみた 3

3では自分の環境の限界に挑戦するために
グラボと共にCPUもオーバークロックしてベンチを回した結果を紹介しています。

グラボのオーバークロックのやり方や実験環境は、
グラボをオーバークロックしてみた1

グラボのみオーバークロックのベンチの結果は、
グラボをオーバークロックしてみた2

でそれぞれ紹介しています。


限界に挑戦!


さらなるスコアの高みを目指してCPUもオーバークロックします。
設定はBIOSから行いました。

調整した結果、
CPU Frequency:220

CPU Friquency Multiplier:x18

CPU Voltage:1.5125v

220*18=3.96GHz動作となりました。
普段のエンコ作業では電圧を変えずに倍率だけを上げてオーバークロックする
やり方だったので、今回の場合は自分にとってかなりの冒険でした。
4GHzに乗せてやろうと電圧を1.5500vまで上げて(正直かなり怖かった)
いろいろ調整を試みたのですが、僕の環境ではどうしても4GHzに乗りませんでした。

CPUOCCPU-Z.png
参考までにCPU-Z

それでは実験していきます。
どれも設定はCPUをオーバークロックしたこと以外、変えていません。



FINAL FANTASY XIV OFFICIAL BENCHMARK編



グラボOCFFスコア
グラボのみ

CPUOCFFスコア
グラボ+CPU

さらに伸びてくれました。
今度こそ4000乗ってくれるかなと期待していたのですが、
結局乗ってくれませんでした。


BIOHAZARD5 ベンチマーク編


グラボOCBIOHAZARDスコア
グラボのみ

CPUOCBIOHAZARDスコア
グラボ+CPU

こちらはわずかながら上昇。
それとも誤差の範囲なのか、わかりません。


3DMark11編



グラボOC3DMarkスコア
グラボのみ

CPUOC3DMarkスコア
グラボ+CPU(矢印が写り込んでいますが関係ありません)

さらに全体的に伸びています。
とくにCPUを使うPhysics Testの伸びがすごいですね。


CINEBENCH編


グラボOCCINEBENCHスコア
グラボのみ

CPUOCCINEBENCHスコア
グラボ+CPU

すごい伸びです。
CINEBENCHはCPUへの依存度がかなり大きいという結果となりました。
グラボはあまり関係ないみたいですね。


最後に

いかがだったでしょうか?
個人的には結構楽しい実験でした
(一部恐怖でキーボードの手がリアルに震えることがありましたが)

グラボやCPUのオーバークロックはPCの寿命を縮め、
最悪の場合故障の原因となります。
グラボ、CPUだけでなく、マザーボードやその他パーツの保証もなくなります。
試す方は、それを十分理解した上で試してください。
よく言われることですが、
オーバークロックは、自己責任で!








 前へ  1  2  3 

関連記事

| グラボ関連 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://rkrk820.blog55.fc2.com/tb.php/8-d6866421

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。