人生の休日考案社

とりあえずやりたいことをやっているだけのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

運行管理者(貨物)取得目指す 試験→結果

気が向かなかったのでいきなり結果です。

 前回→基礎講習2、3日目  


結論から言います。

合格しました。


何を勉強したのか?

過去問をひたすらやっていました。
何回もやっていくとわかるのですが、一言一句違わぬ全く同じ問題が
出ることがよくあります。また、選択肢は使い回しが多い印象なので
選択肢の文章の正誤まできっちり覚えると初見でもたいていの問題は解けます。

過去問をひたすらやりまくって覚える。
これが運行管理者合格へ一番繋がりやすい方法だと思います。

ただし、あまりに古い問題は逆効果になる恐れがあります。
特に貨物自動車運送事業法は近年何回も改正されており、
現在では当たり前のアルコールチェックが義務化されたのも平成23年のことです。
基礎講習を受けていれば、「この法律が変わった」というように教えてくれるので
古い問題を解く場合はこれだけ気をつけてください。


合格通知が届いた

通知は封書で届くのですが、その中には合格通知とともに
運行管理者資格者証交付申請書』が入っています。

運行管理者資格試験の合格通知を得ることは
運行管理者資格者証の交付資格を得た』と解釈されます。
他に交付資格を得る方法としては『5年以上の実務経験かつ
所定の講習を5回以上受講』という方法があります。(資格試験の受験資格とは違います
この講習は制度上1年に1回しか受けられないのであまり現実的な方法ではありません。

要はこちらから「資格者証ください」と言わなければくれないのだ。

DSCF6321.jpg

申請書には住所、氏名、電話番号、生年月日を書き、
申請区分には『試験合格』に○をして受験番号を書く。
最後に270円分の収入印紙を貼って出来上がり。

DSCF6319.jpg

証明書添付用紙なるものも付いており、
 ・本人確認ができるもの(運転免許証のコピーでOK。なければ住民票の写しが必要)
 ・合格通知(原本)
を貼り付ける。

郵送での交付を希望する人は返信用封筒も必要です。

これらを運輸支局へ郵送して申請することも可能ですが
とにかく時間がかかるので私は直接持ち込みました。

注意事項ですが以上の手続きは絶対に3ヶ月以内に行ってください!
過ぎると合格通知がただの紙切れになります!


申請から2週間後、

IMG_0397.jpg

ついにやって来ました。
この資格が将来的に役に立つのかは知りませんが、
それまでは寝かせておこうかと思います。


感想

とにかく全体的に楽しかったです。
ものすごく勉強が必要かと聞かれればそうでもない資格だと
思われるのであまり気負わずに楽な気持ちで受ければいいと
思います。運行管理者編はこれにて終了となります。
受けようと思う人がいればがんばってください!

 前回→基礎講習2、3日目
関連記事

| 貨物 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://rkrk820.blog55.fc2.com/tb.php/44-db7e2e96

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。