人生の休日考案社

とりあえずやりたいことをやっているだけのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

北陸・信越でなくなるものを振り返る旅 3,4日目

今日からまた本来の目的に戻ります。

 前日→2日目



3日目

DSCF5843.jpg
おはようございます

朝はどこでも静かですね。
さて、今日のメインイベントは…

DSCF5844.jpg
北越急行です

北越急行自体はなくならないのですが、
管内を走る『特急はくたか』が北陸新幹線開業と同時に
廃止が決定しています。
この特急列車の特徴とは、やはりその速さ。
北越急行管内を最高160km/hで疾走します。
この速さは在来線で最高速であり、国内でこの速さで走るのは
もう一つ、京成のスカイライナーしかありません。
 
※参考:その他在来線の最高速
     特急スーパー白鳥、白鳥(青函トンネル内)140km/h
     その他JR特急(全部ではない)、JR西日本新快速130km/h
     JR中央線通勤特快100km/h
     
最後にこの特急の速さを思う存分体感したいと思います。


今日の旅程

直江津→(ほくほく線経由)→六日町→美佐島→六日町
→越後湯沢→(特急はくたか)→直江津→長野→松本→中津川
(乗換駅、途中下車駅を表記しています)
総移動距離438.7km
通常運賃8750円

実は小学生のころ電車でGO!64版にハマった時期があり、
誕生日プレゼントに専用コントローラーを買ってもらったのを覚えています。
今でもたまにプレイしますが全盛期のスコアには遠く及びません…
ダイヤ調整して、速度制限を全て把握して
距離計隠して0m停車ってこんなに難しかったっけと感じるほどです。
今思えばこれが鉄道好きになったきっかけだと言っても過言ではありません。

…要は、電GO!に登場するほくほく線に実際に乗れるということに
テンションが上がっているということです。

DSCF5846.jpg
出発します

DSCF5850.jpg
この高架、田んぼだらけの風景、そっくり!

こんな感じで終始テンションが上がったまま、

DSCF5860.jpg
あっというまに六日町

ここからまた美佐島駅に戻ります。
来る途中で降りてもよかったのですが一回乗り通したいという
自分の欲望のままに動いた結果です。

DSCF5876.jpg
トンネルの中にあります

今回美佐島駅に来た目的とは、
「トンネル内を高速で通過するはくたかを体感する」ことです。
というのもはくたかが160km/h出しているのはトンネル内が中心。
体感するにはほくほく線内唯一のトンネル駅であるここしかありません。

DSCF5869.jpg
駅舎自体は味があります

DSCF5864P.jpg
立地はこんな感じ。周りは何もありません

DSCF5870.jpg
やわらかな印象の駅舎とは対照的に地底基地へ向かうかのような階段

DSCF5868.jpg
ホームと待合室はごっつい自動ドアで仕切られています

実ははくたか通過時の風圧がすごすぎて危険という理由で
ホームへは列車到着時しか入れないようになっています。

それでもいざ通過予定時刻が近くなると、
ヒュッと気圧が変わる音が聞こえてきて、特急列車がトンネルに入ったことがわかります。
その後ヒュゥゥゥーと自動ドアの隙間という隙間から空気が漏れ出てきます。
一瞬で通過していくのですが、通過後は反動で自動ドアが空気を吸い込む音が
しばらく響いていました。
ドア自体はごっついだけあってガタガタすることはなかったのですが
隙間から空気が漏れる音がよりリアルに聞こえてきます。

こうやって言葉で表現するのはとてつもなく難しいです。

次に来る六日町方面へ行く列車に乗り込んだら、次のイベントです。
乗り込んだ列車は美佐島~魚沼丘陵間にある赤倉信号場で
特急はくたかと快速列車の通過待ちをします。
この信号場もトンネル内にあるので間近でスピードを体感できます。

列車がトンネル内で停車すると、乗っていた女子高生が
「耳が痛くなるやつだ。やだー」と友達といやそうな顔をしていました。
正直なめてかかっていたので特に意識もせずに待ちます。

DSCF5855e.jpg
普通の青信号が

DSCF5856e.jpg
二つ点いたらはくたか通過の合図

この信号は130km/h以上での走行を指示する信号機で
北越急行線内と京成成田スカイアクセス線内しかありません。

しばらくしてヒュッという音。特急列車がトンネルに入ったようです。
その瞬間、耳が痛くなってきました。すぐに耳抜きして事なきを得たが、
予想外の変化でした。なめてかかってすみませんでした。
件の女子高生は耳をふさいでうつむいていました。
ヒュゥゥゥーと空気が流れる音と共に轟音が響いてきて
ものすごい勢いで隣を通過していきました。揺れと迫力はすごいです。

その後快速列車も通過し、同様の現象が起こりましたが、特急列車と
比べると大したことはありませんでした。

DSCF5881.jpg
トンネルを抜けると雪がひどくなっていました

その後六日町から上越線に乗り換え、

DSCF5883.jpg
着きました

DSCF5885.jpg
在来線の改札が一つって少なすぎると思うんです。結構並びましたよ

この越後湯沢駅ですが、廃止が決定している特急はくたかを
いかに多くの人が愛していたかを知ることが出来ました。

DSCF5896.jpg
このポスター、結構いろんなところに貼ってました

DSCF5895.jpg
駅の電光掲示板も別れを惜しんでいます

その他駅放送でも
「3月13日を持ちまして、特急はくたか号が廃止となります。
登場から18年、多くのお客様をお乗せして運行してまいりました―――
というように生の声を聞くことが出来ました。
ちゃんと『特急はくたか』離れができるか心配になります。

DSCF5888.jpg
ここでお昼ご飯を済ませ

DSCF5891.jpg
きっぷも買いました

出発20分前、ホームに降ります。

DSCF5901.jpg
やっぱかっこいい!

この赤いはくたか(スノーラビット)に乗ることを最優先課題として
旅程を組んだといっても過言ではありません。
はくたかとして運用される車両にはグレーと赤があるのですが、
赤のほうは新幹線開業後、姿を消すことが決定しています。

DSCF5899.jpg
北越急行ツーショット。個人的には赤のほうがかっこいいと思う

DSCF5907.jpg
自由席は結構混雑してます

DSCF5908.jpg
対向列車遅れで六日町で運転停車

20150310_052114000_iOS.png
速度計測アプリで計測できた中で最高速

こんなことをしているうちに3回目の直江津駅に着いてしまいました。
イベントはすべて終了したのでこれから帰路に着きます。


ここで不安要素が

前にも何回か書いていますが、この日は爆弾低気圧が接近しており
昼を過ぎてから雪がさらに強くなっています。

DSCF5923.jpg
積雪20センチくらいか

DSCF5747.jpg
一昨日の同じ駅

DSCF5933.jpg
もはや線路がどこにあるかすらわからなくなった

車窓は真っ白で何も見えない。乗務員室では運転士達が
「信号見えますか?」
「いや、見えんな」
という会話をしていました。
そのせいもあって列車は徐行運転。
いつ運行停止になるかとビクビクしていました。

DSCF5931.jpg
二本木駅でのスイッチバック。運転士の巧みな技術でバックする

DSCF5942.jpg
列車乗り換えたけどこれで普通列車ってのが信じられない

ちなみに定期列車として走っています(新幹線開業後に廃止)
不安要素だった雪ですが長野到着時にはすっかり落ち着いていました。

DSCF5948.jpg
2度目の長野

ここから篠ノ井線に乗り換えて長野県をさらに南下します。

DSCF5949.jpg
その前に小腹がすいたので間食(特上そば)

DSCF5952.jpg
信越本線ってこれで3分割されるんですかね

DSCF5953.jpg
程よく雪に染まった姨捨駅からの風景

DSCF5954.jpg
そして着きました

ここから2時間待ちです。

DSCF5958.jpg
とりあえず松本城

DSCF5960.jpg
寒いよ!

DSCF5961.jpg
その他特に何もなかったのでいそいそと列車に乗り込む

DSCF5964.jpg
着きました

乗客は松本駅からほぼ増えることなく減る一方。
坂下駅でぼっちになり、中津川駅で降り立ったのは私一人でした。

DSCF5967.jpg
おやすみなさい


4日目

DSCF5968.jpg
おはようございます


今日の旅程

中津川→名古屋→大垣→米原→三ノ宮
(乗換駅、途中下車駅を表記しています)
総移動距離300.9km
通常運賃5400円

あとは帰るだけなのでいろいろ省きます。

DSCF5977.jpg
着きました

というわけで旅が終わりました。
書いているとやたら長ったらしくなってしまったと
自分でもわかっているのですが、旅をしている間は
全てがあっという間に過ぎていきます。
とにかくたのしかったです。ここまで読んでくださった方が
いらっしゃれば、ありがとうございました。


 前日→2日目
関連記事

| 青春18きっぷで北陸・信越 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://rkrk820.blog55.fc2.com/tb.php/40-23d11478

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。