人生の休日考案社

とりあえずやりたいことをやっているだけのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フル免許を目指してみる けん引編 11、12回目

運命が決まる見きわめ

 前回→8、9、10回目 次回→卒検



11回目

やることはS字、踏切、方向転換と変わりません。
方向転換は成功したり失敗したり相変わらず安定しません。
成功してもその感覚を再現することが出来ないでいます。
次は見きわめだというのに不安で不安でしょうがないです。

そんな中、新たなバックのコツを学びました。
「バックの前にトレーラーを曲げておくやり方を覚えておくといいよ」
つまり、バックする前にトレーラーを入れる方向に折っておけば
あとはまっすぐにするだけということらしい。
圧倒的に楽なので実務ではこちらの手法をよく使うそうだ。
一度やってみたが確かに楽。折れ角がわかりやすいし、
あとはまっすぐにするだけなので失敗の要素が少ない。
「でも方向転換はまっすぐの状態から始めなあかんからこれやったらあかんよ。
あくまで免許を取得したあとに役立つ知識やからな」
おそらく俺がこのコツを使う時は永遠に来ないだろう。

結局方向転換の不安がぬぐえないまま終了。


12回目

見きわめが始まりました。
「じゃあ卒検のコースを一通り走ってみよう」
一通り走っていると、障害物をよけたあたりで
「今の縁石踏んでるのわかった?」
どうやら障害物をよけた直後のカーブで縁石を踏んでしまっていたらしい。
「一発で検定中止やで。方向転換もしてないのに」
「はい…」
さらに右バックの方向転換も3回で通過できず検定中止を言い渡される。
「アプローチはうまくなってきてるからあとはどのくらい曲げるかっていう感覚を
もう少しつかむ必要があるね」
あとはずっとバックの練習に充てていたが相変わらず。
「とりあえず卒検受けてみよっか。一発で成功したらそれでいいし、失敗したら
またうけたらいいやん」
どうせなら見きわめ不合格で補習にしてほしかった。


教習を終えて

結局不安が払しょくされないまま卒検を迎えることになりそうです。
卒検まで日が開いてしまうので余計にそう感じます。
せめてものあがきとしてイメトレを毎日やろうと思います。

 前回→8、9、10回目 次回→卒検
関連記事

| けん引編 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://rkrk820.blog55.fc2.com/tb.php/26-ce7d74fd

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。