人生の休日考案社

とりあえずやりたいことをやっているだけのブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フル免許を目指してみる 大型特殊編 1回目

入校してから1週間、やっと乗る時がやってきました。

 前回→入校編  次回→2、3回目


教官に連れられてホイールローダーの前へ向かう

第一印象
「思った以上にでかい」

まずタイヤがでかい!俺の身長くらいあるんじゃないだろうか。
さらに隣に止まっている大型トラックやけん引トレーラーよりも運転席が高い!
はしごを上らないと乗れないので乗るにも一苦労。

運転席は意外にシンプル
ハンドルにスピードメーター、サイドブレーキと一見乗用車と変わらない。
足元は右足側にアクセルとブレーキがあるのは乗用車と一緒だが
左足側にもブレーキがある。教官用かと思ったが
作業するときに左のブレーキを使うらしい。(教習では使わない)

ハンドル側面右側は方向指示器、左側はシフトレバーになっていました。
シフトは前進、ニュートラル、バックのみ。前進は自動変速らしい。
オートマチックの流れはこんなところまで来ているのか…

座席の右側にはシャベルを操作するレバーがありました。
発進するときに50センチ以上シャベルを上げ、駐車の時に接地させる。
これ以外の作業をするには専門の資格が必要だそうな。


発進!

最初は教官がお手本として運転してくれた。
「こういう車は後輪が動く後輪操舵が多いけど、この車は中折れ式やから
実質前輪操舵と変わらん。でも内輪差はゼロやからそれだけ気を付けて」
要は内輪差も外輪差も考えなくていいらしい。なんて便利なんだよ。この車。
さらにこの車はアクセルだけで速度調節ができるらしく、
アクセル離すと自動的にエンブレがかかるので
ブレーキは停車中しか使わない。便利すぎる。この車。

そしていよいよ自分の番に…
シャベルを引き上げ、いざ発進!
発進するとすぐにカーブがあるのですが、超大回り…
「内輪差ゼロなんだからカーブ始まる前には曲がり始めるくらいじゃなくっちゃ」
次のカーブは始まる直前からハンドルを切った。ライン取りはよかったが
車体が大きくふらつく。
「急ハンドルすぎるよ。意外にハンドルはシビアなんだからね」
いつも車に乗ってる時くらいの感覚で曲がると確実にふらつくし、大回りになる。
思っている以上にカーブは速度を落とし、ハンドルは早く切りはじめる必要があるようだ。

ある程度慣れて、交差点を曲がるとき、
「ハンドルについてる取っ手、使ってもいいからね」と教官。
片手でハンドル操作ができるような取っ手がついているのですが、
これがとてつもなく便利。簡単に曲がれる。
なぜもっと普及しないのか疑問に思う。

「次、あのクランクに入ってね」
内輪差ゼロのおかげか、脱輪知らず。ここで改めて感動する。
出たところで止まるように指示されて、
「じゃあ、バックで戻ってみようか」
えぇー、いきなりそんなことするの…
「サイドミラー見て後輪を縁石に沿わせながら曲がれば大丈夫」
確かにサイドミラーで後輪は見えてるけど…
言われたとおりに後輪しか見ないままバックするが、
案外それでも簡単に抜けられてしまう。やっぱこの車すごい。


1回目を終えて

何もかもが想定外。運転してて楽しかったです。
大型トラックを見下ろせる車ってそうそう乗れるもんじゃないので
この機会にもっと楽しみたいと思います。
それではまた次回!

前回→入校編  次回→2、3回目
関連記事

| 大型特殊編 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://rkrk820.blog55.fc2.com/tb.php/15-1b1367ae

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。